ペーパークラフトのトイフィギュアをしています。

コピー用紙なのでとても大変です。明日も頑張ります。

引き続き前回の続きジョジョの奇妙な冒険 第6部~第8部まで紹介します。

 

第6部 ストーンオーシャン

主人公:空条徐倫 スタイル:スタンド「ストーン・フリー」

1992年生まれ。空条承太郎の娘で、ジョセフ・ジョースターの曾孫。シリーズ初の女性主人公である。

ジョースターの血統の人間と同じく背中には星型のアザがある。

明るい性格ながら、父親譲りの冷静さと正義感を合わせ持つ。

 

実父承太郎の口癖「やれやれだぜ」に似た「やれやれだわ」を口癖としている。初登場も父親と同じく檻の中である。

スタンド能力は生まれつきではなく、承太郎から贈られた「スタンドの矢の欠片」によってスタンド能力に目覚めた。ストーリーの冒頭にて付き合っていた金持ちの恋人ロメオと、弁護士の罠に嵌められて無実の罪を被せられた結果、懲役15年の罪状を言い渡され「州立グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所」へ入れられてしまう。しかしそれは父・承太郎を目的としたプッチ神父の策略であり、これによって記憶を盗まれ仮死状態となってしまった承太郎を救う為に仲間と奮闘する。元々素行が良いとは言えない人柄で、さらに物語序盤は子どもっぽい点もあったが、物語が進むにつれ逞しく麗しい女性へと成長していく。当初、様々な理由から父親である承太郎を「あんた」と呼び毛嫌いしていたが、物語が進むにつれ父親の事(目的など)を理解し「父さん」と呼ぶようになった。スタンドは徐倫自身の肉体を糸状に変化させ、それを自在に操る「ストーン・フリー」。後には自分と触れている他人をも糸状に変化させられるようになった。この糸は戦闘中の自らの体の傷をその場で縫合する、編み上げて衣服に擬態することなどが可能で、また単に糸状化によって攻撃された部分に空洞を作り攻撃を受け流すこともできる。

 

第7部 スティール・ボール・ラン

主人公:ジャイロ・ツェペリ スタイル:スタンド「スキャン」

主人公の一人。24歳。前歯に”GO!GO! ZEPPELI”と彫られた金歯を挿しており、「ニョホ」と笑う癖がある。

法治国家ネアポリス王国の法務官。伝統ある死刑執行人の家系でもあるツェペリ家の長男(5人兄弟)に生まれる。
父グレゴリオの後継ぎとしての最初の任務は、たまたま密会の現場に勤めていただけで「国家叛逆罪」として裁かれた磨きの少年マルコの処刑であった。その事にどうしても納得がいかず日々不満を募らせていたところ、北アメリカ大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」とそれによる「国王の恩赦」を知り、マルコを救う為にレース参加を決意する。目覚ましい活躍と出自不明な経歴、そして外国人で王族関係者であることから、真の主催者ファニー・ヴァレンタイン大統領に目的が「聖なる遺体」の取得と既に取得した可能性を疑われ、テロリスト、そしてスタンド使いに執拗に命を狙われる事になる。レースの受付時にトラブルを起こし、そこで「ジョニィ・ジョースター」と出会う。それをきっかけに2人は協力関係を結びレースに挑む。ジョニィが時として目的の成就の為に殺人すら躊躇う事のない「漆黒の意思」を見せる事に対し、自分の境遇と照らし合わせる事で葛藤を感じている。2個の特殊な鉄球を操る。言動から破天荒で奇妙な性格だと誤解されるが、その行動は理性と理論に裏打ちされ、常に臨機応変かつ緻密で大胆。その一方で面白い一面も時折垣間見せる。肉体を動かさずに掌にある物体に「回転」を加える特殊技術によって鉄球を回転させ、回転する鉄球の振動が生み出す「波紋」によって様々な効果を引き起こす。レース中盤に「遺体」を手に入れスタンド能力「スキャン」を開花させた。今まで使っていた鉄球に右目が搭載され、より精密な操作が可能となった。

 

第8部 ジョジョリオン

主人公:東方定助 スタイル:スタンド「ソフト&ウェット」

「壁の目」近くの地中から全裸姿で発見された青年。睾丸が4つある。口癖は「たっぷり」「オレェ?」。記憶喪失となっており本名は不明。広瀬康穂によって救助され、自身の正体を突き止めるために共に行動することとなる。「定助」という名前は「昔飼っていた、ジョースケという犬に顔が似ている」との理由から、発見者の広瀬康穂によって命名され、東方家に引き取られたことで『東方定助(ひがしかたじょうすけ)』と名付けられた。

ベッドの間に挟まるなど、何かに圧迫されることを好む。また物の全長・距離を目視で精密に測る特技を持つ。首筋にはジョースター家の血統であることを表す「星型の痣」と、その周りに謎の歯型がある。発見された時に水兵帽をかぶっており、そこから自身が「吉良吉影」という人物と何らかの関わりを持つことを知る。その正体は、吉良吉影ともう一人の人物が、「壁の目」付近の地面にて融合した事により生まれた存在。眼球や舌には繋ぎ目があり、心も融合している事からスタンド自体も二人の人物のスタンドが融合している。スタンドは体の中央に碇のマークが描かれた「ソフト&ウェット」。指先や星型の痣から飛び出した「しゃぼん玉」が物体に触れて割れることで、その物体から音、視力、水分、摩擦など「物理的な何か」を一時的に奪う。

以上でジョジョの奇妙な冒険 第1部~第8部までの紹介を終わります。

by, G