コンピューターゲームの歴史3

2014年
1月7日 – CES 2014にてソニー・コンピュータエンタテインメントがクラウド型ゲーム提供サービス「PlayStation Now」を発表。
2月22日 – ソニー・コンピュータエンタテインメントが日本で「PlayStation 4」を発売。
3月14日 – ハムスターが日本物産のゲームの権利を取得。
3月25日 – Facebookが「Oculus Rift」を開発するOculus社を20億ドルで買収[96]。
3月25日 – 日本のスマートデバイス用ゲーム市場が家庭用ゲーム市場の2.2倍となった[97]。
3月31日 – PlayStationおよびPlayStation Oneの修理サポート終了。
4月2日 – Amazon.comがセットトップボックス「Fire TV」を発表[98]。
4月21日 – 上海市政府が上海自由貿易試験区内でゲーム機の生産・販売を正式に解禁。ただし事前審査を経ての許可制[56]。
4月28日 – KADOKAWAがフロム・ソフトウェアを完全子会社化。
5月14日 – KADOKAWAとドワンゴがKADOKAWA・DWANGOを設立。
5月15日 – ミクシィ『モンスターストライク』がApp Storeで約1年半に渡り1位だった『パズル&ドラゴンズ』を一時的に抜いた[99]。
5月26日 – ソニーの子会社である索尼(中国)と上海東方明珠(集団)の子会社である上海東方明珠文化発展が上海自由貿易試験区に合弁会社として上海東方明珠索楽文化発展と索尼電脳娯楽(上海)を設立することが判明[100][101]。
9月4日 – マイクロソフトが日本で「Xbox One」を発売。
9月15日 – マイクロソフトがMojangの買収を発表[102]。
9月29日 – マイクロソフトが中国で「Xbox One」を発売し、2000年に禁止されて以来14年ぶりに中国で据え置き型ゲーム機が正規販売される[103]。
10月11日 – 任天堂、ニンテンドー3DSの上位モデル「Newニンテンドー3DS」を発売。
国内ゲーム市場規模が過去最高の1兆1,925億円に更新[104]。

2015年
3月17日 – 任天堂がディー・エヌ・エーとの提携を発表し、スマートフォン向けアプリケーションへの参入と新ハード「NX(後のNintendo Switch)」の開発を表明。
4月1日 – セガが商号をセガゲームスへ、バンダイナムコゲームスが商号をバンダイナムコエンターテインメントへそれぞれ変更。
国内ゲーム市場規模が過去最高の1兆3,591億円に更新[105]。

2016年
2月27日 – 任天堂「ニンテンドー2DS」を『ポケットモンスター 赤・緑』20周年のキャンペーン品として日本でも発売。
3月 – Oculus社、「Oculus Rift」を発売。
3月17日 – 任天堂、初めてのスマートフォン用アプリケーションとしてソーシャルゲーム『Miitomo』をリリース。
4月1日 – ソニー・コンピュータエンタテインメントがソニー・インタラクティブエンタテインメントに商号を変更。
4月5日 – HTC、「HTC Vive」を発売
9月15日 – 任天堂、日本における「ニンテンドー2DS」の一般販売を開始。
10月13日 – ソニー・インタラクティブエンタテインメントが「PlayStation VR」を発売。
11月10日 – ソニー・インタラクティブエンタテインメントが「PlayStation 4 Pro」を発売。
10月20日 – 任天堂、「Nintendo Switch」を正式に発表。
国内ゲーム市場規模が過去最高の1兆3,801億円に更新[106]。

2017年
3月1日 – マイクロソフトが「Xbox Game Pass」を発表。
3月3日 – 任天堂が「Nintendo Switch」を発売。
7月13日 – 任天堂が「Newニンテンドー2DS LL」を発売。
8月15日(日本では8月16日) – セガゲームス『ソニックマニア』。シリーズ好きが高じて、自らゲームを制作している一人のファンとセガゲームスによって共同開発された。
11月7日 – マイクロソフトが「Xbox One X」を発売。

2018年
7月21日 – 国際オリンピック委員会(IOC)がeスポーツと五輪運動の今後をテーマにしたフォーラム(討論会)を開催[107]。

2019年
3月19日 – 「Google Stadia」を発表。
3月25日 – 「Apple Arcade」を発表。
4月16日 – マーク・サーニーは次世代PlayStationについて言及した[108]。
5月17日 – ソニーとマイクロソフトは戦略的提携に向けた意向確認書を締結した[109]。
9月20日 – 任天堂が「Nintendo Switch Lite」を発売。

2020年
アタリが四半世紀ぶりにゲーム機業界に復帰し、「Atari VCS」を発売。
10月10日 – マテルがゲーム機業界に復帰し、「Intellivision Amico」を発売。

まだまだ歴史は続く!!

byマリオオタク