箱折り

今日は、みんなで箱折りをしました。みんな早いので、納期までには間に合いそうです。

さて、このブログは、しんかんせんくんのブログなので、しんかんせんくんのブログ名物、鉄道の話いきたいと思います。今日は、深夜番組のドラマに登場する名鉄の2扉車両5700系・5300系について紹介します。5700系・5300系は1986年の夏に登場しました。名鉄最後の2扉車両で、急行用で造られました。5700系と5300系の違いは、5700系が100%新製車に対し、5300系が1955年に登場した(引退済み)初代5000系からの機器流用車で、パンタグラフの位置も5700系は中間車にあるのですが、5300系は2号車と4号車にあります。また5300系には2両編成もあります。1989年までに製造され、5700系の2編成(5701F5702F)を6両編成に増やしました。全盛期は、特急や、今はなくなった高速、急行などの花形に使われていました。しかし2008年の暮れ、名鉄では大きいダイヤ改正がありましたが、5700系・5300系と同じ、急行用車両の7000系パノラマカー、1000系全車特別車のパノラマスーパー、犬山遊園のモノレールが引退しました。(1000系全車特別車は機器は2代目5000系に流用された)その次の年の2009年、中古の機器を使っている5300系の廃車が始まりました。5300系の廃車が行われているころ、5700系6両車に動きがありました。6両から4両に再び組み換え、抜かれた中間車で4両に組み換え5700系5601Fとして登場しました。そして2015年にまた名鉄に大きな動きがありました。新型2200系、3300系、3150系が登場した後、2003年にパノラマスーパーの一般車を改造した1380系が全滅、パノラマカーの機器を使った1030系が1131Fを残し廃車。中古の機器を使った5300系はもちろん、ついには5700系まで廃車が始まりました。今年度も新型ステンレス車両の導入で5700系・5300系の廃車は進むでしょう。2008年には本線豊橋~岐阜間の急行が3000系列VVVF車に統一されましたし、西尾線、豊川線急行ではほぼ見ないし、残すは知多地方の特急、本線の準急、普通列車でしか見なくなりました。乗るなら今。早めのご乗車をお勧めします。


byしんかんせんくん