今日の作業

今日はバインダー組み立ての作業でした。

もっと上手になれるよう頑張りたいと思います。

それでは今日もいきます。鉄道の話。今日は、名鉄のVVVFインバータ車両の3500系と3700系、そして3100系について紹介します。3500系は、1993年に名鉄では初めてのVVVFインバータ車両として登場しました。もう一つ、名鉄で初めて搭載された設備があります。それは、ワンハンドルマスコンの運転台で、ブレーキは、電気式ブレーキです。

1996年には、名鉄では初めてのドアチャイム搭載車両が登場しました。この年製造の3534編成で3500系は製造を終了しました。

その翌年の1997年には、3700系と、2両の3100系が登場しました。3700系は3500系と同じモーターでVVVFインバータのGTO素子ですが、3100系はIGBT素子のVVVFインバータ制御です。共に名鉄では初めてのシングルアームパンタグラフを導入した。3700系は1998年、3100系は2000年まで作られました。

登場から23年~26年が経過した3500系ですが、近年は、リニューアルが施された車両が登場しています。

ステンレス車両の3300系、3150系と共に、今日も主力車両として、活躍しています。